スタッフブログ

  1. 横浜市・川崎市・相模原市の不用品回収は【アース神奈川】
  2. スタッフブログ

個人でエアコンを取り外すのは危険?不用品回収や買取に出すときの注意点

2018/01/11

はじめまして。不用品回収アース神奈川です。
古くて使えなくなったエアコンは、不用品回収に出したり、新しいエアコンに買い替えるときに買取に出したりしますよね。しかし、エアコンは、取り外し作業が必要になるので簡単に不用品回収や買取に出すことができません。「取り外すだけだから簡単だろう」と思うかもしれませんが、個人でエアコンを取り外すと危険です。
そこで今回は、個人でエアコンを取り外してはいけない理由をご紹介します。

■エアコンの取り外し作業は危険?
エアコンの取り外し作業は、業者に頼むとお金がかかるので、自分たちで取り外そうとする方もいらっしゃるでしょう。確かに、インターネット上ではエアコンの取り外し作業の手順が書かれた記事があります。そのため、その手順通り進めれば、誰でもエアコンを取り外せると思いますよね。しかし、実際はエアコンを専門的な知識がない人間が取り外すと、買取ができない状態になるだけでなく、一歩間違えると死亡事故につながる危険性もあります。

■エアコンの冷媒であるフロンが漏れる
エアコンは、室内に設置する室内機と室外に設置する室外機から成り立っています。室内機と室外機の中には、フロン類が含まれています。家庭用のエアコンには、温暖化ガス(CO2)が最大で3,600kg相当のフロン類が封入されているといわれています。そのため、エアコンの取り外すときは、地球温暖化防止の観点からフロンの回収が義務付けられているのです。それに、エアコンに「フロン類の回収」について書かれたシールが貼られています。また、エアコンの取り外し作業を誤るとフロンが大気中に放出される危険性があります。フロンは無色透明のガスなので、漏れたかどうかを見極めるのが困難です。
日本冷凍空調設備工業会によれば、家庭用エアコン1台に使用しているフロンが全量大気中に放出されると、約14万枚のレジ袋を製造するときに発生する同量の二酸化炭素(CO2)が発生するといわれています。そのため、安全にエアコンを取り外してフロンの漏れを防止し、地球温暖化を防がなければいけないのです。

■コンプレッサーの破裂につながる
エアコンの室外機には、エアコンの心臓といえるコンプレッサーがあります。コンプレッサーは、エアコン内の冷媒を圧縮する役割があり、冷媒の温度をコントロールする働きがあります。エアコンの冷媒は、冷房のときに室内の熱を取り込んで室外へ排出し、暖房のときに室外の熱を取り込んで室内へ届ける役割があります。エアコン温度の調節ができるのは、冷媒の働きをコントロールできるコンプレッサーのおかげです。
しかし、エアコンにとって大事なコンプレッサーは、取り外すときに爆発する可能性があります。爆発する原因は、取り外す作業を行っている最中に配管内に空気が混入し、温度上昇と圧縮によって起こります。爆発の威力は、コンプレッサーが粉々になるくらいなので、下手すれば死亡事故につながりかねません。そのため、専門的な知識がない人間がエアコンを取り外す作業を行うことは危険だといえます。

■まとめ
エアコンの取り外す作業は、フロンの漏れ、コンプレッサーの爆発という危険性があります。コンプレッサーの爆発は、死亡事故につながる可能性があり、とても危険です。さらに、取り外しの際に配管の切断や折れがあると買取できない可能性もあります。
不用なエアコンを処分するのなら、ぜひ不用品回収アース神奈川までご相談ください!安全にエアコンの取り外し作業をさせていただきます。不用品回収アース神奈川では、正常に動き買取できる条件がそろっているのなら、エアコンを買取させていただきます!ぜひ不用品回収アース神奈川にお任せください。

カテゴリ

便利な出張買取!冷蔵庫を売りに出すときに気を付けたいこととは?

2018/01/11

はじめまして。不用品回収アース神奈川です。
冷蔵庫を買取に出すときは、出張買取が便利です!出張買取なら自宅まで冷蔵庫を引き取りにあがるので、ご自身の手間が一切かかりません。そんな便利な出張買取ですが、依頼する前に押さえておきたいポイントがあります。そこで今回は、冷蔵庫を出張買取に出す前に確認しておくべきポイントをご紹介します。

■冷蔵庫を出張買取に出す前に確認するポイント
冷蔵庫を出張買取に出すときは、いくつか押さえておきたいポイントがあります。ここでご紹介するポイントを押さえておけば、高価買取を期待することもできます!

・冷蔵庫の製造日
冷蔵庫は、製造日が新しいものほど高価買取を期待できます。基本的に製造日から3年?5年以内の冷蔵庫は、高く売れる可能性が高くなります。ただし、製造日から5年以上経過している場合、買取不可になることもあるので要注意です。

・冷蔵庫の種類
製造日から5年以上経過した冷蔵庫でも、有名メーカーのものや高級家電に位置付けられているものは、買取の対象となる可能性があります。
特に国内の有名メーカーである日立やパナソニック、シャープや東芝、三菱電機などの冷蔵庫は、高額買取になる可能性が高くなります。

・汚れやキズの有無
冷蔵庫に汚れやキズがあると買取できるといっても、減額になる可能性があります。冷蔵庫についたキズは元には戻りませんが、汚れは買取前にしっかりとっておき、きれいな状態にしておきましょう。

・説明書や保証書、付属品の有無
冷蔵庫を購入したときは、長期保証に入ることが大半です。保証書がある場合、中古品として販売されているときも保証期間ならメーカーで故障対応できます。そのため、保証期間中の冷蔵庫なら高価買取になる可能性があります。また、冷蔵庫の説明書も用意しておきましょう。
冷蔵庫の付属品は、製氷皿や冷蔵庫内の棚板、冷蔵庫下のカバーなどです。購入したときと同じ状態に戻しておくことは、高価買取を期待しやすくなります。

■冷蔵庫の臭いがきついものは売れないかも?
冷蔵庫は、食材を入れて保存しておく役割があるので衛生的な家電です。しかし、冷蔵庫に入れる食材の中には臭いがきついものがあり、冷蔵庫の中に臭いをつけることがあります。もし、冷蔵庫の内側に臭いが残っていれば、業者によって買取拒否されることも...。
出張買取で冷蔵庫を売りたいのなら、冷蔵庫用の脱臭剤を使用し、臭いをできる限り除去しておきましょう。

■冷蔵庫を買取に出す最適なシーズン
冷蔵庫を出張買取に出すのなら、最適なシーズンがあります。それは、入学、入社、転勤などが多い春の引っ越しシーズンです。特にひとり暮らしを始める方には、中古品の冷蔵庫の需要が高くなっています。そのため、春の引っ越しシーズンは、他のシーズンよりも冷蔵庫などの生活家電が高く売れる可能性があります。
ただし、どんな冷蔵庫でも高価買取というわけではありません。出張買取に出すのなら、早めに依頼しましょう。なぜなら、買い手が多い一方で、売り手も多くいるからです。そうなると、買取業者によっては在庫過多状態となり、逆に買取金額を低く設定される恐れもあります。

■まとめ
冷蔵庫を高く売りに出すために、押さえておくべきポイントがあることをご理解いただけたでしょうか。冷蔵庫の汚れを取る、説明書・保証書・付属品をそろえておくなど、出張買取に出す前にできることはしっかりやっておきましょう。
不用品回収アース神奈川では、冷蔵庫の出張買取に関するご相談を承っています。不用品回収アース神奈川は、冷蔵庫の状態に合わせて買取、または不用品回収の対応させていただきます!お困りでしたらぜひ不用品回収アース神奈川までご連絡ください。

カテゴリ

引っ越しのときに困る洗濯機の処分。不用品回収と買取だとどっちがいい?

2018/01/11

はじめまして。不用品回収アース神奈川です。
引っ越しや買い替えのタイミングで古い洗濯機を処分するときは、不用品回収に出すべきか、買取に出すべきか悩むかもしれません。そんなときは、不用品回収と買取の両方を扱っている業者に依頼するのがおすすめです。そこで今回は、不用品回収と買取を同時に扱う業者に依頼すべき理由をご紹介します。

■高価買取を期待できる洗濯機なのに売れない
洗濯機は、製造から3年?5年以内の製品で有名メーカーの人気モデル、高性能のモデルだと高価買取を期待できます。さらに、正常に動くだけでなく、ホコリを取ったり洗濯槽のカビ除去などを行ったりしていれば、より高い金額で買取が期待できるようになります。
しかし、買取業務を行っていない不用品回収のみを扱う業者に、高く売れるかもしれない洗濯機の回収を依頼したら、売れないどころか回収費用がかかるので損をするかもしれません。洗濯機を回収するときは、リサイクル料金と収集・運搬費という費用がかかります。リサイクル料金は、家電リサイクル法に基づき定められた料金で洗濯機だと2,484円程度かかります。収集・運搬費は、洗濯機を回収するためにかかる費用なので依頼する業者によって違います。
まだ正常に動いて高価買取を期待できるかもしれない洗濯機を高い料金を支払って処分するのなら、まず買取査定を行える業者、あるいは不用品回収と買取を両方行っている業者に依頼しましょう。そうすれば、いらない洗濯機を損せずに処分できます。

■時間を大幅に節約できる
いらない洗濯機を先に買取のみを扱っている業者に依頼した場合、買取られなかったら再度不用品回収の業者へ連絡し直さなければなりません。それぞれの業者に連絡する時間がかかるので、時間ロスが発生します。
しかし、不用品回収と買取を両方扱う業者に依頼した場合、洗濯機を査定して買取られなくても、その場で業者が不用品回収の対応に切り替えられます。

■洗濯機以外の不用品もまとめて回収できる
引っ越しのときは、さまざまな不用なものが出てきます。出てきた不用品を自治体が指定する通りに処分するとなれば、手間がかかります。また、大型家電、小型家電、大きな家具を粗大ゴミに出すなら、費用も時間もかかります。
しかし、不用品回収と買取を両方扱っている業者なら、引っ越しで出た不用品をまとめて回収できます。買取ができるものがあれば、その分不用品回収の費用を抑えることもできます。
不用品回収アース神奈川でも、買取できる不用品は買取させていただきます!不用品の処分にかかる費用を安く抑えられるので、ぜひ不用品回収アース神奈川までご相談ください。

■まとめ
引っ越しのときは、荷物の整理や梱包でバタバタしています。手間をかけずにいらない洗濯機を処分したいのなら、不用品回収と買取を同時に行っている業者の利用がおすすめです!洗濯機によっては、高価買取も期待でき、いらないものをまとめて処分できます。
不用品回収アース神奈川では、不用品回収から買取までまとめて対応しています。洗濯機の処分でお困りなら、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリ

ブラウン管テレビも家電リサイクル対象!引取後の行方について

2018/01/11

はじめまして。不用品回収アース神奈川です。
既に生産終了しているブラウン管テレビは、買取が難しい家電になっています。しかし、買取が難しくてもブラウン管テレビの各材料は再利用できるため、家電リサイクル法の対象家電のひとつとなっています!そこで今回は、回収したブラウン管テレビの引取後の行方をご紹介します。

■回収されたブラウン管テレビは分解・解体される
不用品回収されたブラウン管テレビは、「家電リサイクルプラント」と呼ばれているところへ運ばれます。家電リサイクルプラントに到着したブラウン管テレビは、まず「分解・解体」が行われます。
分解・解体作業は、人の手作業によって基盤、キャビネット、ブラウン管の大きく3つに選別されます。それぞれの部分には「再利用できる材料」と「再利用できない材料」が含まれており、3つに選別されてからさらに材料が分別されます。

■再利用できる材料
ブラウン管テレビから取り外された基盤には、銅、鉛、金、銀などの金属が多く含まれています。家電リサイクルプラントでは、基盤に含まれた金属を製錬する作業を行えないため非鉄精錬業者へ引き渡されます。非鉄精錬業者に引き渡された基盤は、各金属を分別するために製錬作業を行い、再利用できるように製品化します。金属類は、高層ビルの建築材料として再利用できるため高い需要があります。
ブラウン管テレビのキャビネット部分はプラスチックなので、破砕機で粉々にします。粉々にしたプラスチックは、燃料として利用(サーマルリサイクル)、プラスチック製品への再利用(マテリアルリサイクル)といった形で再利用されます。
ブラウン管は、前面部のパネルガラスと側背面のファンネルガラスの2種類のガラスで構成されており、機械を使って分離します。分離したふたつのガラスは、別々の破砕機にかけてガラス屑(カレット)にします。カレットは、住宅用断熱材や路面材などに再利用されます。

■再利用できない材料
ブラウン管テレビには、鉛が多く含まれています。鉛は有害金属なので、体内に高濃度で取り込まれるとさまざまな中毒症状が発症します。主に食欲不振、貧血、尿量減少、筋肉の虚弱などが起こるので、適切に処理しなければなりません。特にブラウン管のファンネルガラスには、鉛を多く含んでいるので扱いが重要視されています。
もし、ブラウン管テレビを山の中に放置すると、鉛が地中に溶け出す可能性があります。地中に溶け出した鉛は、なにかの拍子で人間の身体に取り込まれる可能性もあるので危険なのです。そのため、家電リサイクル法に基づいてブラウン管テレビを処理しています。

■まとめ
ブラウン管テレビを不法投棄することは、環境への負荷だけでなく人体への悪影響も及ぼします。そのため、不用品回収などで回収されたブラウン管テレビは、家電リサイクルプラントに運ばれ、分解・解体を経て燃料や製品の素材として再利用されます。
しかし、ブラウン管テレビでもテレビデオは買取できる場合があります!正常に動くのなら、不用品回収ではなく買取に出してみてもよいでしょう。
不用品回収アース神奈川では、ご不用のブラウン管テレビを適正に回収させていただきます!もちろん、ご自宅まで不用品回収アース神奈川のスタッフがお伺いさせていただきます。ご自宅にあるブラウン管テレビの処分でお困りでしたら、ぜひ不用品回収アース神奈川までお気軽にご相談ください。

カテゴリ

液晶テレビを高く買取に出したいなら掃除が重要なポイント

2018/01/11

はじめまして。不用品回収アース神奈川です。
液晶テレビの性能は年々よくなっており、価格も低くなっています。そのため、「もっときれいな画質で液晶テレビを見たい!」「もっと大きな画面で液晶テレビを楽しみたい!」という願望も叶いやすくなってきました。そんなときは、液晶テレビを買取に出してみてはいかがでしょうか?買取に出すときは、液晶テレビをきれいにしておいたほうが査定結果がよくなります!そこで今回は、液晶テレビの買取価格を高くするためのポイントをご紹介します。

■液晶テレビを買い替えたい!古いものはどうする?
新しく液晶テレビを購入するのなら、今ある古い液晶テレビを粗大ゴミや不用品回収などを利用して処分しなければなりません。粗大ゴミとして液晶テレビを出すときは、洗濯機などと同じく家電リサイクル料金がかかります。また、神奈川県で粗大ゴミに出すのなら、市町村によって処分方法が違うので問い合わせる必要があります。
不用品回収に液晶テレビを出す場合も、家電リサイクル料金と運搬料がかかるので業者によって費用が割高になる可能性があります。
費用をできるだけかけずに液晶テレビを処分したいのなら、買取へ出してみてはいかがでしょうか?液晶テレビを買取に出すと、いくらか手元に戻ってくる可能性があるのでお得に処分できます!

■くすんでいたりホコリまみれのままだと査定に影響する
液晶テレビを買取へ出すにしても、汚い状態だと査定に響いて買取価格が下がる可能性があります。ホコリまみれ、汚れまみれの液晶テレビを査定に出すと、「古くさいテレビだな」や「売れる状態にするには手間がかかりそうだ」などの印象を持たれ、買取価格が値下がることがあります。
基本的に液晶テレビは黒いため、汚れがついても目立ちにくいのですが、よく見ると指紋がついていたり、ホコリがたまっていたりなど意外に汚いものです。
液晶テレビを買取へ出すときは、できるだけきれいに掃除しておくのが重要なポイントです。液晶テレビの見た目をきれいにするだけでも、買取価格が高くなる可能性があります!

■液晶テレビの掃除ポイント
液晶テレビの掃除のポイントは、以下のようなものがあります。

・掃除機などでホコリをとる
テレビの裏側やスピーカーの溝などに付着しているホコリは、まず掃除機を使って取り除きます。掃除機のノズルをホコリに近づければ、吸い取ってくれるのである程度のホコリを取り除いてくれます。細かいホコリは、ハンディワイパーなどを使って取り除いてきれいにしていきましょう。

・液晶画面は力を入れずに乾拭きが基本
液晶画面はキズがつきやすいので、掃除がしにくくホコリが付着しやすくなっています。液晶画面を掃除するときは、ハンディワイパーや羽ぼうきなどの柔らかいものを使って丁寧にホコリを払っていきましょう。
特に汚れているところは、水にぬらして固く絞った柔らかいふきんなどで力を入れずにさっと拭き取ります。

・裏面などのキャビネット部分
液晶画面以外の部分は、プラスチックでできているためキズがつきにくいといえます。しかし、ツヤが出るように表面になめらかな加工がされている場合は、強くこすったり固い布でこすったりすると細かいキズがつきやすくなっています。液晶画面と同様に柔らかい布で乾拭きがおすすめです。特に汚れがひどいところは、固く絞った柔らかい布でさっと拭き取るときれいになります。

・液晶テレビの掃除で使ってはいけないもの
液晶テレビを掃除するときに使ってはいけないものがあります。それは、ベンジンやシンナーなどの溶剤が入った洗剤です。これらの洗剤は、液晶テレビの素材をキズつける可能性があるので避けましょう。市販のガラスクリーナーにもベンジンやシンナーなどの溶剤が入っている可能性があるため確認が必要です。
他にも、硬い素材の布、ティッシュペーパーやウェットシートなども画面をキズつける可能性があるので避けましょう。

■まとめ
液晶テレビは、買取に出したほうがお得に処分できます。また、より高く液晶テレビを買い取ってほしいときは、ホコリや汚れを柔らかい布などを使って丁寧に掃除し、きれいにしてから査定に出すのがポイントです。
不用品回収アース神奈川では、不用品回収だけでなく買取も行っています!液晶テレビの処分でお困りなら、ぜひ不用品回収アース神奈川までご相談ください。

カテゴリ
  • カテゴリー
  • 月例アーカイブ

お客様の声

電話番号:0120-923-527

無料お見積りはこちら

ご利用になれるクレジット

万が一の際には損害賠償保険

不用品回収求人、株式会社クオーレ

不用品回収にともなう不動産売却は私たちにお任せください!

日本除菌脱臭サービス協会

このページの先頭へ

不要品対応・高価買取・リサイクル・引越し・リフォーム・ハウスクリーニング

0120-923-527携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎! メールでお見積り依頼