横浜で粗大ゴミ・不用品回収をするなら不用品回収アース横浜まで!

見積無料 不用品1点からゴミ屋敷まで 0120-923-527 受付時間 8:00~21:00

24時間受付 メールでのお問合せ

不用品の買取事例 スタッフブログ

  1. 横浜の不用品回収は不用品回収アース横浜
  2. 買取事例
  3. ヘッドホンは捨てるよりも買取がおすすめ!損しない処分方法

ヘッドホンは捨てるよりも買取がおすすめ!損しない処分方法

はじめまして。不用品回収アース横浜です。
音楽を聴くときにヘッドホンをつける方も増えてきました。おしゃれなヘッドホンも増えているため、ずっと使っていると新しいヘッドホンがほしくなることもありますよね。新しいヘッドホンに買い替えるのなら、これまで使っていた古いヘッドホンをお得に処分したいと考えるでしょう。そこで今回は、ヘッドホンを損せずに処分する方法をご紹介します!

■ヘッドホンを買い替えるとき、古いものはどうする?
古いヘッドホンの処分方法として真っ先に考えるのが、ゴミとして出す方法かもしれません。しかし、自治体によって不燃ゴミ扱いだったり、粗大ゴミ扱いだったり...と取り扱い方法が違います。
そのため、自治体に問い合わせたり、手引きを読んだりして、どうやってヘッドホンをゴミとして処分すればよいのかを調べなければなりません。また、粗大ゴミだと手数料を支払って、指定された日に指定された場所へ持っていかなければならないので面倒です。
まだ正常に使えるヘッドホンなら、「買取」という方法があります。特に高価なヘッドホンは、中古としての需要が高いため、高額買取が狙える場合があります。まずは、買取査定に出してみて、買取が難しいと判断されてからゴミとして処分する方法を選択してみてはいかがでしょうか。

■買取できないヘッドホンとは?
ヘッドホンの中には、買取を拒否されるものもあります。ここでは、品質の劣化以外に買取が難しいとされるヘッドホンの状態についてまとめました。

・国内正規品ではない・並行輸入品
ヘッドホンの中には、海外メーカーの製品もあります。海外メーカーの製品は、正規品として輸入されるもの以外に並行輸入品として比較的安価で入ってくることがあります。
正規品ではない場合、保証書がついていないこともあり、修理費用が正規品に比べて高くなったり、そもそも修理が受け付けられない場合があります。
そのため、買取業者の中には、正規品ではないヘッドホンを買取しないと定めている場合があります。正規品であっても、保証書などがなければ証明できないため、買取を拒否されることもあるので注意しましょう。

・メーカーや製造元が特定できない
ヘッドホンの中には、劣悪なコピー品なども出回っています。コピー品と正規品を見分ける方法は、ブランド名や型番の印字です。スピーカーの型番や印字の確認できなければ、メーカーや製造元を特定することが難しくなります。そのため、メーカーや製造元などが特定できないヘッドホンは、買取不可になる可能性が高くなります。

・においがついたヘッドホン
ヘッドホンは耳に直接つけるので、使用しているとにおいがつくことがあります。においがついたヘッドホンは、正常に動作しても査定の評価が下がるため、買取に出すのならにおいもしっかり取るように掃除しておきましょう。

■まとめ
ヘッドホンは、中古でも需要が高いもののひとつです。まだ正常に音楽を聴けるヘッドホンをゴミとして処分する前に、まずは買取査定に出してみることをおすすめします。
不用品回収アース横浜では、見積もり訪問サービスを無料で行っています。不用品回収アース横浜は、どんなヘッドホンでも引き取ります!買取が難しい場合は、そのまま不用品回収も対応しているので、ぜひお気軽に不用品回収アース横浜にご相談ください。

カテゴリ